2009年09月26日

鎮痛剤としての効果

ナツシロギクは、欧米では古くから鎮痛剤として頭痛や関節炎の治療に用いられてきましたが、その理由は科学的には明らかにされてきませんでした。
1978年イギリスで、ナツシロギクを使って片頭痛を治した女性の話が話題になり、ナツシロギクの研究が始まりました。
その結果、ナツシロギクの主成分パルテノライドがセロトニンやプロスタフランジンを抑制する効果があることがわかりました。
セロトニンやプロスタフランジンは、片頭痛や関節炎などの一因とされる成分で、パルテノライドがこれらの働きを抑制することで鎮痛効果が生まれることがわかりました。
このことは1988年にイギリスの医学誌にも発表されました。

昨日見つけたサイトのEGプラセンタぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトのブラックケアシャンプーぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトのナタデウォッシュがマツモトキヨシぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトのピュウベッロのクーポンぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトのソエルクリスタルぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトのトークマスターが激安ぴの情報はここです。
昨日見つけたサイトの馬太郎の効果の情報はここです。
昨日見つけたサイトの馬太郎の情報はここです。
昨日見つけたサイトのサプリの馬太郎の情報はここです。
昨日見つけたサイトのプロジェクトXXLの情報はここです。
posted by さちこ at 01:59| Comment(18) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

フィーバーフュー

「フィーバーフュー」という名前で欧米では、偏頭痛、関節炎、月経不順などに効くとしてよく知られたハーブです。
和名のナツシロギクは漢字で夏白菊と書く、キク科の多年草です。
カモミールやデイジーににた白い花をつけます。
名前をたくさんもつ花ですが、その数は11にのぼります。
園芸用の名前は「マトリカリア」と言います。
原産地は西アジア、バルカン半島になりますが、オーストラリア、ヨーロッパ、北米などで広く野生に自生しています。
鎮静作用があり、偏頭痛や関節炎に効果があります。
古代ギリシアの時代から愛用されてきたハーブとも言われています。
「ナツシロギク」から「パルテノライド」という香料成分(セキステルペン)が取れることがわかっています。
花言葉は「集う喜び・楽しむ」です。

昨日見つけたサイトのナタデウォッシュがすごいの情報はここです。
昨日見つけたサイトのU15のスクール水着の情報はここです。
昨日見つけたサイトのジュニアアイドルの過激動画の情報はここです。
昨日見つけたサイトのジュニアアイドルのイメージビデオの情報はここです。
昨日見つけたサイトのU15のジュニアアイドルが過激の情報はここです。
昨日見つけたサイトの極小ビキニのの情報はここです。
昨日見つけたサイトのナタデウォッシュがマツモトキヨシより安の情報はここです。
昨日見つけたサイトのナタデウォッシュの販売店はの情報はここです。
昨日見つけたサイトのナタデウォッシュがマツモトキヨシふの情報はここです。
昨日見つけたサイトのピュウベッロのクーポンふの情報はここです。
posted by さちこ at 01:34| Comment(1) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。